ローン返済

現役の外資系コンサルタントがサイバーセキュリティの効率的な勉強方法や、暮らしを豊かにするためのアイテムなどを紹介するブログ

kali linux 2021 Python2とPython3が使えるJupyter Notebookの構築方法

f:id:yuukoutetu:20200627214733p:plain 今回は、Kali Linux2021で、Python2と3の両方が使えるjupyter notebookを構築する方法についてです。

  1. Jupyter Notebookのインストール(※この段階ではpython3しか使えない状態です。)
apt update
apt install jupyter-notebook 
  1. Python2のpipをインストール
wget https://bootstrap.pypa.io/pip/2.7/get-pip.py
python get-pip.py
pip install --upgrade pip setuptools 
  1. Python2をJupyter Notebookで使えるように設定
python -m pip install ipykernel
ipython kernel install
  1. Jupyter Notebookの起動
jupyter-notebook

これでPython2, 3が使えるJupyter Notebookを使えるようになりました。

後は、メニューの「New」からPython2, 3を切り替えてファイルを作成することが可能です。

f:id:yuukoutetu:20211119222813p:plain

補足:他の端末からリモートアクセスしたい場合

  1. Jupyter Notebookの設定ファイルを作成
jupyter-notebook --generate-config
  1. Jupyter Notebookに設定するパスワードのハッシュ値を作成
python -c 'from notebook.auth import passwd;print(passwd())'
>>>
<Hash of Password>
  1. 設定値の変更
vim ~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py 

# Jupyter Notebookを起動するIPアドレス変更
c.NotebookApp.ip = '0.0.0.0'

# Jupyter Notebookを起動するポート番号変更(※変更しなくてもよい)
c.NotebookApp.port = 8889

# Jupyter Notebookにアクセスする際のパスワードのハッシュ値を設定
c.NotebookApp.password = '<Hash of Password>'

これで、リモートからKali Linux上で動くJupyter Notebookにアクセスできるようになりました。